レーシック広場 > レーシック(視力回復手術)でよくある質問
レーシック(視力回復手術)でよくある質問
手術で本当に目の視力が良くなりますか?また、どれくらいまで回復しますか?
もちろん目の視力は良くなります。
視力の回復は個人差がありますが、裸眼で1.0以上まで回復される方がほとんどです。
5年後、10年後も問題はないですか?
レーシック手術は世界で1000万人以上の症例があります。
手術後5年10年経過した後に何らかの重大な問題が発生したという事例はありません。
回復した目の視力がまた悪くなることはありますか?
レーシック手術後、目の視力が悪くなる可能性はまったくないわけではありませんが、 極めて低いです。生活環境によっては若干戻ることも考えられます。長時間視力を維持するためにも、 目にやさしい生活をこころがけましょう。
ドライアイでも手術を受けられますか?
ドライアイの方でも手術は受けられます。ドライアイの方はコンタクトレンズの利用に適していないため、むしろレーシック手術をおすすめいたします。
不同視や乱視も治せますか?
どちらも治せます。不同視の方は、片眼だけの手術も受けられます。
強度の乱視など、場合によっては治療できない場合もございます。
手術の所要時間はどれくらいかかりますか?
実際のレーシック手術の時間は、およそ10分〜20分です。
受付から手術後の診察まで約2時間程です。
レーシック手術中は痛くないですか?
目薬のように点眼による麻酔をしますので、痛みはありません。
入院は必要ですか?
レーシック手術は日帰りで行える手術ですので、入院の必要はありません。
レーシック手術後、どれくらいで見えるようになりますか?
手術後2〜3時間でぼんやりと視力が回復します。翌日には目標に近い視力になります。
手術を受けるのに年齢制限はありますか?
18歳以上の方であれば手術を受けられます。
妊娠中でも手術は受けられますか?
点眼による麻酔をしますので、手術は受けられません。
花粉症でも手術は受けられますか?
花粉症の方も手術は受けられます。アレルギー症状が強く出ていない場合は、一般的に受けられます。花粉がコンタクトに付着して、アレルギー症状を強くしてしまうことがあります。 レーシック手術によって、花粉症の症状が楽になることもございます。
手術後のメイク・スポーツはすぐにできますか?
アイメイク・スポーツは1週間程期間は控えてください。